The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
屋久島(2日目) その2
2006-08-06 Sun 10:10
またまた、思い出したように2日目の後半

かるく、弁当を平らげて
さー、ここからが本番
ってことで

登りだします。

いきなり、昨日の雲水峡を思い出すように
山になりました。

15分くらいもいったでしょうか

最初の使者、もとい有名な屋久杉

RIMG0118.JPG

「扇杉」
が出迎えてくれました。

なかなか、荘厳な佇まいで、これからの、縄文杉を期待させてくれます。
写真からではつたわらないかもしれないけど、苔とかがかなりいい感じです。

さて、さらに延々と・・・・

お次は、着ました
これは結構有名

RIMG0122.JPG

「ウィルソン株」です。
なんで、株なのかというと、この木は江戸時代に切られてしまったからなのです(;;

っと、切られた今も、当時の大きさを今に伝えてる感じが・・

っと、このウィルソン株、実は中にもはいれるんですよね
中から、パシャリ

RIMG0128.JPG

結構うまく撮れてない?
割とお気に入りの写真です(><b

さあ、また延々のぼっていき
もう、あせもがんがんでてきます・・・・

途中水とかを補給しながら(主に連れが)

RIMG0136.JPG

さらにのぼっていきます。

きました、お次は「大王杉」
この木は、縄文杉が見つかるまでの間は
最大の屋久杉っていわれてたらしい。

RIMG0138.JPG

この辺になると、ちょっと疲れてきてるけど
また、この木もパワーをくれます。

近くまではいけないんだけど、うわ、まじでけえ
ほんと、周りは自然いっぱいで感じ入るところがあります。
(歩いているところは、人が作った階段みたいなのやったりするんだけどね)

そして・・・

「夫婦杉」(とちゅうで、2本の木が1つになってます)

RIMG0142.JPG

をはさみつつ

1つ、ちょっと丘?ではないんだけど
段になっているとこまでのぼると

そろそろかー、なんていいつつ
期待を込めつつ

のぼっていくと・・・・・・・・・・・・

おっ

おおっ

RIMG0144.JPG

きました・・・、この階段を上るとっ・・・

きたーーーーーー

RIMG0145.JPG

・・・・
もう、さすがだったね

実際木の、大きさもさることながら
ここまで、4時間とすこし
相当の汗を流してのぼってきた状態でみる、縄文杉は最高でした。

これは、実際に見た人しかわかんないから
自然とか好きな人は、ぜひ行ってみてください。

昔、マラソンを完走した時のような、達成感に包まれます。
(マラソンの完走はそこでほんとに終わりですが、縄文杉はこの後引き返さないといけない事実には、目をつぶっておいて・・・)

っと、現在は、鑑賞台ができてて、近くまでいけないのが残念ですが
縄文杉のためを思うとそれも仕方ないですね。

その後鑑賞台で30分くらい、縄文杉を見続けて・・・
で、降りないとですか・・・・

えー、2日目の日記の写真を、逆に見る感じで・・・・

帰りに、雨がめっちゃ振ってきて
買ってきたレインウェアがむだになりませんでしたが・・・
通り過ぎる人たちに、さまざまなドラマを感じたねー

泣き叫ぶ子供をしょっていくお父さんとか
もう間に合わなさそうな時間に上っていく、おじいさんおばあさんとか
(帰れたのかっ???)

無事に下山できた、俺らは、レンガ亭(屋久島で有名な焼肉屋?)でご飯を食べて
屋久島原産の焼酎三岳を飲みつつ、飲んでる間に意識を失ったりしました
(連れいわく、死んだように寝てたらしい)

夜中に、買ってきてた氷がとけて、大変な目にあったりもしましたよっ
(この辺とかは、自分ら(おれと連れ)用の、昔を懐かしむ用の日記だな)

そして、旅は3日目に・・・
(次の更新は、いつだっ)
スポンサーサイト
別窓 | 旅にて | コメント:0
屋久島(2日目) その1
2006-08-06 Sun 00:10
ということで、思い出したように2日目

えーっと、ハイ、4時起きです。

普段なら、まったく起きれませんが
昨日の、白谷雲水峡山登り(ええ、ほんとに山でした)
でつかれて、早く寝たこともあって、結構2人ともちゃんと朝起きました。

昨日のよるのうちに、あらかた用意をしておいたので
コンタクトとか入れつつ、4時半には出発

昨日のうちに、民宿の人に取り寄せておいてもらった弁当
(フロントに並べてありました)
を、いそいそとリュックの中に詰め込んでいざ出発ー

ちなみに、宮之浦(に泊まってたわけですが)には、早朝弁当は
「島むすび」さんしかやっておりません
2人とも、なんとなくおすすめの、島むすび登山弁当にしたっす。
(でも、弁当にはおにぎりが入ってない・・・、島むすびなのに・・・おにぎり=おむすび だよね?)

颯爽とDEMIOに乗り込んで出発っと
こんなに早いのは、わけ?があります

縄文杉登山の出発地、「荒川登山口」には、6時くらいにつくのがよいらしい

RIMG0084.JPG

なんせ、荒川登山口 → 縄文杉 → 荒川登山口 
のコースは、10時間かかるらしいです・・(ちなみに、俺らはそこまではかかりませんでしたが)

んー、荒川登山口には、安房から1時間くらい
ちなみに、宮之浦 → 安房 は30分くらい

縄文杉見にいくんやったら、安房のほうがええやんって
だれかから、突込みが聞こえてきそうなきもしてたけど
どうやら気づいてないようなので、こそこそと・・・

ちなみに、明日の夜に、宮之浦でよかったーっと、お互いにオモウワケデスケドネ!!

バックミラーのなかで、空がだんだん白んでいくのを感じつつ
対向車をおそれつつ

つきましたー、「荒川登山口」

RIMG0084.JPG

二回目かーい(ーーノ ☆

っと、準備体操と、かるく昨日コンビニでかっておいた、おにぎりを朝食としてつまみつつ
いざ出発ー、今日は、水分もたっぷり1Lもちましたぜい

RIMG0086.JPG
↑こっから進入して、長い旅路がはじまりました

っと、いきなりこんな橋があって大興奮

RIMG0087.JPG

橋にもみえてるけど、レールがあります。
これが、トロッコ軌道で、縄文杉登山の約半分は、このトロッコ軌道を登っていくことになります。

途中(ってすぐですが)トンネルをとおったり
がけっぽいところを、とおったりして

がぜん、『スタンドバイミー』 モードが高まります。

B00005LMCY.09._SCMZZZZZZZ_.jpg

「When the night ~♪」

っと、最近の若い子らはしりませんかねー
そうですか・・・

ガキのころによくTV放送してたんだけどねー
なんとなく、大人になった今みたくねるねっ

っと、日記にもどって

いくつも橋をこえて

RIMG0102.JPG

昔の、学校跡地も通り過ぎて
(ふもとから結構歩いてます、こんなとこに人がおってんねーと関心、縄文杉登山をする人は、意外な奥地にあることにびっくりしてください。)

RIMG0103.JPG

↑こんな感じの、うっそうとしたトロッコ道をがんがん登っていきます。

RIMG0104.JPG

鹿に遭遇してみたり、ようみるなー鹿

結構麓にある3代杉をみてみたり
倒木の上に、生えた2代目を江戸時代に人が切り倒して、その切り株に現在の3代目がたっているので
3代杉っす(豆知識)

写真写りがいまいちなので省略(笑

鹿のお尻を追いかけてみたり

RIMG0111.JPG

マタカ

えんえん、えんえん、上っていきます

カーブの先に到着するたびに、ついたかー?
とか、思うのですが
遠い遠い(笑←楽しいのではなくて、笑うしかなくなって出てくる笑い

っと、さらにえんえんのぼって、
つきましたー

記念撮影パシャリ

RIMG0115.JPG

ええ、まるで、HPにUP用にわざと顔を隠したかのように、枝がかぶってますね
誰だカメラマン!?

(--ノ おれか・・・

っと、2時間半くらい?のぼって、やっと中間地点
トロッコ軌道の終点に到着しましたっ

トロッコ使いてーよ
(上りながら何回2人で言ってたか・・・)

っと、つきました、これから本格登山です

RIMG0116.JPG

「大株歩道」
関係ないですが、『環境省』のところが、省庁再編の波がこんなところまでー
なんて、思わせますな

さー、縄文杉目指していくぞー
っと、その前に、島むすび登山弁当で、パワーを補給だー

思った以上に、トロッコ軌道編が長くなってしまったので
その2につづく・・・

あと、関係ないですが
屋久島(2日目) その1の続きを読む
別窓 | 旅にて | コメント:0
屋久島(1日目)
2006-08-05 Sat 00:10
えー、これの日記書くの3回目です

写真をアップしようとして、2回記事を消してしまって
かなりこころが折れそう・・・イライラ

まあ、気をとりなおして、今回またミスったら、写真のみにでもするかな・・
Movable Typeもかなり、かってが悪いところが・・・
っと、日記なのに愚痴が

<ここから>
前日になるまで、なかなか用意する時間が、なくて
もう12時越えて当日になったのに、用意が終わってません・・
せっせと、以前、書いていた持って行くものリストと一緒にいくTakuyanがまとめていたものを見ながら用意を・・・

えー、明日の飛行機は、9時半羽田発でー
んー、うちから羽田までは・・・約1時間5分(From 駅すぱあと 約ちゃうがな・・)
・・・逆算したら、何時起きなんだ

と、思いつつ就寝
ええ、当日はちゃんと起きて、お互い無事に空港へ行きましたよ

羽田空港→鹿児島空港→屋久島空港(by プロペラ機)
ついたら、1時半ですよ・・・
なかなか、長い移動だー
っと、プロペラ機は、初めてでした、桜島がいい感じに見えたので、窓からパシャリ

RIMG0011.JPG

で、つきましたー、屋久島だー、空港からなにもみえねー
っと、かなりハイテンションです

RIMG0014.JPG

えー、限りなくちっちゃいね・・・まあ、予想通りなんですが・・
ちょっと、荷物を受けとるのにてこずりつつも

事前に発注していた、”まつぱんだ”もとい、”まつばんだ(えー、パンダじゃないのは、かなりあとになってから気づき・・・)”レンタカーの人と待ち合わせ?

いました、兄ちゃん、かなりなまってます(><b 屋久島きたーって感じでナイス

営業所まで、車で移動するらしいです、狭いDemioに5人で乗り込んで、
いざ移動開始ー到着 って、近っ!!!

えー、空港の駐車場(ちっちゃい)から、道路渡って目の前ですけど
徒歩でも1分かからないんじゃ・・・

とか、思いつつレンタカーゲット、これで、どこでも島を回りたい放題(☆_☆)

っと、長くなりそうなので、以下追記へ
(で、一回保存しようとしたら、また消えたし・・・Wordにバックアップとっててよかった・・・^^;)

屋久島(1日目)の続きを読む
別窓 | 旅にて | コメント:0
| Loose Life+ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。