The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
下妻物語
2009-07-26 Sun 02:23
思い立って、帰りにツタヤで借りてきました。
前に、TVで下妻物語のまねをしてる人がいるってのをみて
ちょっと興味が・・・
昔、深田恭子はそんな好きじゃなかったけど
年をとってから好きになってきたし
堂本兄弟とか
ヤッターマンとか

年をとると変わることって結構あるよねー
いいほうにかわりたいものです・・・

っと、映画の話にもどして
いや、普通に面白かった
青春映画ですね、これは
ふかきょん(なんか懐かしいな)の変わっていく衣装と
田園のミスマッチさをたのしんでください。

んでー、今日の話もついでに買いとくか
今日は職場の人主催のBBQでした
もはやなんねんぶりだろう??
豚の丸焼きがでてきたんだけど
それだけで、おなかいっぱいになってしまい
みんなぜんぜん食べてなかったイメージ
ずっと太陽にあたってるとどうもつかれるねー
家に帰ってきてから、つかれて結構ねてsまったわ

さー、明日は何をしようか
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
潜水服は蝶の夢を見る
2008-08-31 Sun 22:01
久しぶりに何もやることの無い土日だったので
(正確にはギターとかはあったけどね)
借りたかったCD(椎名林檎、斉藤和義)と一緒に
映画を借りてきた

まずは、くだらない映画(「燃えよ!ピンポン」これはこれで楽しめたが)に興味が引かれて
夜にだらだら観るにはいいな~とか思ったのだが
もう1本気になった映画がこれ

「潜水服は蝶の夢を見る」
難病ロックトイン症候群がすべての身体的自由を奪った!
『ELLE』編集長が20万回の瞬きで綴る奇跡の手記

51ws12Pc0a.jpg

やばい、一瞬で感じた名作の気配

フランス映画(たぶん)ということで
静かな、淡々とした映画でした

自分がまぶたしか動かせない状態になったときに
果たして同じことができるだろうか?
人に示せるような、ストーリーを持っているだろうか
自分はまだ健康で、これからまだまだ可能性を持ってることを
改めて感謝させられたりした。

この映画は、実際にあった話で
その人の本は、日本語にも翻訳されてるらしいので
実際に読んでみようっと

始まり自体がドラマティックで
何かすごいことが起きるとかもなく
まあ、予想どおりにストーリーが展開する映画といえば
そのままだけど
なかなかいろいろと考えさえてくれる映画で
やる気をださせてくれる映画だと思うんでおすすめです!

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
映画デー その3 「ベオウルフ」
2008-05-06 Tue 00:12
51vH-0kuooL.jpg


さて、これは、レンタルランキングも上位やったし
口直しでもないけど、まあ、いわゆる映画みたいなのを見とこうとおもって借りてきました
いろいろ突っ込みどころはあったけど
ベオウルフさんがなにものかわかりましたわ

にしても、年取るの早すぎっ
その間のストーリーすっとばしか~い(></☆
って、感じだったなぁ・・・

さて、長くもなかったGWもあと1日(TT
まったくなにもしてませんよっ

初日は、雨でフットサルが中止になって
なにやら買い物行って、何してたかなぁ?

んで、2日目は、会社の同期がお宅訪問してきました。
まあ、勝手に人のPC触るなと言う点について
説教してやろうかとも思うけど
まあ、どうでもいいや
ん~、彼はどうもデリカシーにかけるとこあるんだよなぁ
とはいえ、かなり良識人だと思うから何も言わないけど
うわさ好きとかも一線を画すとだめですよ
もう三十路なんだしさ・・・
論語でも読ましてやろうかしら
まあ、人の人生やからどうでもいいか、痛い目を見ないうちに勝手に学んでくれ

さて、そして物欲にさいなまれている点
ああ、通販でガッツリ買ってしまいそうだ・・・
ボーナス一括の魔力が(==
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
映画デー その2 「自虐の詩」
2008-05-05 Mon 23:57
SL500jigyaku.jpg


中谷美紀です
阿部ちゃんです
この時点で、最高ですっ

序盤の、ちゃぶ台(ノ-_-)ノ ~┻━┻
一辺倒のコメディかと思ってたらそうでもなく
シリアス要素が入ってたんですけど
俺的にはコメディ一辺倒でもよかったかも~?

とは思いつつ、笑いあり、涙あり?の映画で
実に楽しませてもらいました。
っと、エントリを分けたものの、ネタばれをしても仕方ないので
微妙に書くことがないなぁ・・・

百聞は一見にしかず!!
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
映画デー その1 「クワイエットルームへようこそ」
2008-05-05 Mon 23:52
でした、今日は
明日までやと思っていた、DVDの返却の期限が今日までで
あわてて3本見てました

今日見たのは、良かった順に
「クワイエットルームへようこそ」

SL500AA240.jpg


内田有紀の演技がここまでくるとは昔おもってませんでした
僕らが中学生とかのときの売れてるアイドル?No.1とかでしたが
友達に言われて、効いた内田有紀のラジオ
つかみのハイテンションで、サーってテンションが下がったのもいい思い出です。
純君(本名違う)ともわかれちゃったのがなんだか残念でしたが
自虐の詩と同じで、ただ笑えるだけの映画かと思ったらぜんぜんそうでもなかった
一見、平静な様でみんな心の中には何かを背負っていて
その背負っているものが多い人が、集まったところが
この映画で表現されているんだろうな~と、なにやらわかったようなことをほざいておこう
ん~、俺はまだまだ大丈夫そうです。
余談として、蒼井優ががりがりでした・・・(TT
てか、この映画のために役作りでがりがりになったらしい、どうやら
っと、ネットで気になったから、蒼井優のことを調べてみたら
いろんな映画にでてるな~、「はちみつとクローバー」は見たけど
「リリイ・シュシュのすべて」
の女の子、蒼井優だったのね・・・って、お~!
リリイ・シュシュ役って、Salyuだったのね
(BankBandで to you 歌ってる人ね)
もう一度借りて観直してみたいな
ちなみに、リリイ・シュシュのすべてはお勧めです
自称映画好きな方、観てなかったらみてみてくれ

さて、1作目で長くなったな(主に余談が)
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
| Loose Life+ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。