The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
四畳半神話大系
2010-05-18 Tue 00:49
四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)

角川書店 2008-03-25
売り上げランキング : 67
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『夜は短し歩けよ乙女』を書いた、森見登美彦作です。
っと、これのアニメにはまってます。
今絶賛放送中?なので、暇やったら見てください。

この人の書く、京町屋のような(勝手なイメージ)ごちゃごちゃしたような
色とりどり(和風な感じで)なストーリーが結構すきです。

おおアニメおもろいと思って、原作を買ったのだが
ああ、主題化がアジカンなのもいいね(アジカン結構すきなのです)
そういえば、昨年「花」を歌ったような気がしますが
今年は、「ソラニン」を歌うらしいですよ。
と、話が錯綜してる感じで元に戻って

原作とアニメが結構違うのですが
アニメの展開を見ないと、原作が読めない・・・
原作を読んで、大きな作品の中の結末というかそんなのを先に見てしまうとなー
と思って、まだ1章しか読んでませぬ・・・

まあ、楽しみが伸びていいですな
ということで、許されそうな、アニメのPVを貼り付けてみる。


ああ、モチグマン欲しい・・・
(アニメを見てください)
スポンサーサイト
別窓 | 本・CD | コメント:0 | トラックバック:0
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎夏海著)
2010-04-06 Tue 23:01
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

ダイヤモンド社 2009-12-04
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちまたで話題らしいです。
表紙がすげー特徴的なので気にはなってましたが
ちと早く帰ってくることと
本屋探索をかねて買ってきました。

いろいろ参考にさせてもらっている、投資家の人が読んでたというのがでかいか

まあ、物語としては、ご都合主義的なところをすごい感じるけど
単純に読むには難しい本に、わかりやすい例をつけているといった感じで
なかなか、新しい試みでいいねっ

っと、正義がキャプテンに選ばれたところは不覚にも・・・

追記 ↑は、途中で書いたのだが、後半にきて、ストーリー性アップ~
   いや、面白いわ。予想どおりの展開ではあるけどね
別窓 | 本・CD | コメント:0 | トラックバック:0
『絶対最強の恋のうた』中村航
2009-04-29 Wed 02:21
51BuTCIvUEL.jpg

なんか、最近は読書録になっとりますね
まあ、時期的なものかとも思うけど
本を読むことはいいことだっ

ちょっと、青臭そうやし
バカップルなところとか読まされるとイラッっとくるかなと思ったら
確かに、青臭いといえばそうですが
いわゆる青春小説的な、いい意味での青臭さやし
予想以上によかったです
例によって、先輩に勧めてみるか
主人公、彼女、木戸さんのキャラがいい
ついでに坂本も
どこか、自信のある台詞というのは説得力を持つような気がします
と哲学?的なことをいって、感想としておこう
わりと安心して読める感じの今風の小説だったなぁ
他の本にもちょっと手をだしてみようかな

っと、まったく関係ないけどいまTVでやってる
松居一代のマジッククッキングが欲しい・・・
別窓 | 本・CD | コメント:0 | トラックバック:0
『少女七竃と7人のかわいそうな大人』 桜庭一樹
2009-04-27 Mon 00:45
51kqqnamWL.jpg

日曜日は、風はつよかったけど、いい天気でしたね
午後まで寝てしまって
ちょっと出かけようかなやんだけど、昼飯がてらに街へと
結局、ご飯を食べて本屋によって
他は何もせずにかえってきました。
ああ、ツタヤに行ったけど、借りたいと思った昔の映画がなかったので
ということかな

っと、砂糖菓子の弾丸に引き続いて
桜庭一樹2冊目です。
裏の解説みたら面白そうだったので
同時にかった本は
絶対最強の恋のうただったりしますが
そちらは積み本へ・・・

ああ、ちなみに桜庭一樹さんは女性の作家さんです
なんとなく、女流作家さんを読むことが多い気がするなぁ

で、感想か
いや、個人的には、砂糖菓子よりこっちのほうが好きです
いい加減いい年になってきましたが
過ぎていく青春時代の話とかを読んでると
多少なりとも感じうるものがあるなぁ・・・
うーん、俺は何をしてたんだかとかも思いますが(笑)
どれだけ仲のいい友人でも
いつまでも一緒にいることはできなかったり
いろいろ大人になるってことは難しいものですな
それぞれが、自分の仕事や家族をもっていくからなぁ
まあ、俺の土日の暇さっぷりは、まるで大学時代の頃のようですが
成長してねぇ・・・^^;

っと、久しぶりに、読書もいいなーとか思った連休でした
うーん、GWは読書Wにするかなぁ・・・
思い切って、ドストエフスキーにでも手をだしてみるか・・・
別窓 | 本・CD | コメント:0 | トラックバック:0
『ダンボールボートで海岸』千頭 ひなた
2009-04-26 Sun 23:30
51JF2QGQ.jpg

土曜日は雨でした
雨の日はなんとなく、読書が進むような気がします。
土曜は、これはないなーと思って
いろいろ用事を済ませて帰ってきたら
サッカーが体育館に変更に・・・行けたな・・・
まあよい、ということで

なんとなく積本を崩してみました
中古で大量に買い込んだすばる文学賞シリーズから
ダンボールボートで海岸を
この、作品は、だいぶ前に芥川賞を10代の女の子が2人同時にとったうちの片方
金原ひとみの蛇とピアス
と同じ時にすばる文学賞をとったものらしいです。(調べた)

っと、さきに結論をいっとくと・・・
いや、結構面白いです、これ
独特の口調で、淡々と進んでいくストーリ
個性的な登場人物のお互いの関係みたいなものがいい感じでした
まあ、中古なら安くかえると思うんで気になる方はよんでみてくだされ
んでー、今日も本を読んだんで
今日のことはまた別の記事にかくかな
別窓 | 本・CD | コメント:0 | トラックバック:0
| Loose Life+ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。